Fandom


ニトラス・ブリオの代わりに「2」からコルテックスの参謀として登場したのが、宇宙機械技師で半分は人、半分は機械の姿をしたエヌ・ジン。 元々ニトラス・ブリオやコルテックスとはワルワルスクールの同級生だったが、とにかくコルテックスに対して恩義を感じているという。頭のミサイルはかつて新型ミサイルを開発する際に事故が起きて突き刺さった。それからというもの悲劇的な運命を送っているという。ロボット工学とサイバネティックスの科学分野の天才。 N. Jin CTTR

トリビア 編集

  • 今作に登場するコルテックスの宇宙船は、宇宙機械技師のエヌ・ジンがたったの1年で作ったものである。
  • エヌ・ジンは幼少期の頃、頭にはミサイルの代わりに紙飛行機が刺さっていた。
  • 「2」のエヌ・ジンは3段階の攻撃を使うが、開発中は2段階の攻撃までしかなかった。
  • エヌ・ジンの名前は、 "エンジン"からのしゃれ。

・エヌと名前に付くキャラクターのしゃべり方はどれも面白くなるようにわざとそうした。

  • 「レーシング」の最後でエヌ・ジンはくるまの運転にハマって「エヌ・ジン エンジン」という車屋さんを始めた。
  • 「レーシング」の「スーパーかそくトンネル」の真下には「エヌ・ジン けんきゅうじょ」がある。ここで普段は研究をしている。ちなみにみんなでバトル専用ステージ。
  • 「アドバンス」ではディンゴダイルステージとエヌ・ジンステージのBGMが逆になっている。
  • エヌ・ジンの顔の機械部分は発売された国ごとにゲーム外で使用されるイメージが異なる。日本版の場合、「2」のあらすじでは海外版のものが、キャラクター紹介ページでは日本版のものが基準になっている。
  • エヌ・ジンはタイニーのことをよくは思っていない。
  • 「3」でエヌ・ジンと戦ったのはココとプーラだが、エヌ・ジンはクラッシュと戦ったと勘違いしている。
  • 「4」のクランチを作り出すプロジェクトはコルテックスが主導で行われ、この計画はウカウカすら知らされていなかった。知っていたのはエヌ・ジンとエヌ・トロピーだけである。
  • 「爆走!ニトロカート」のロード画面ではエヌ・ジンのミサイルが逆に刺さっているものがある。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。